Ryokan Taishoro

奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼

Booking.com

奈良の宿大正楼(宿泊、宴会) 

アーカイブ

奈良旅行穴場スポット体験記のおすすめ記事

大神神社の結婚式 三輪大社の結婚披露宴

菊花大根 菊花人参 料理

記事一覧

全記事一覧

「奈良寺社参拝なび大正楼」
記事一覧

若草カレー本舗

はり新 かみつみち弁当

婚礼ギフト ハッピーチャーム

コーヒー大好き!
コーヒーホリックのブログ

おでかけランキング
関西地方のおでかけ情報

twitter facebook Instagram

Powered by
Movable Type 3.34

« スルッとKANSAI | HOME | 三輪山遠望 »

大和神社の祖霊社

日本の歴史を語る上で、奈良県天理市に鎮座する大和神社を欠かすことはできないでしょう。

大和神社の祖霊社

大和神社の祖霊社。

戦時中に活躍した戦艦大和には、大和神社の分霊が祀られていました。米国の猛烈な空爆により、敢え無く海の藻屑と消えてしまった戦艦大和ですが、その際に殉じた数多くの御霊が、ここ大和神社の祖霊社に祀られています。

大和神社の干支絵馬

大和神社の干支絵馬

荒波をかいくぐるように翔る兎が描かれています。海を連想させる大和神社ならではのデザインのような気が致します。

三輪山と大和神社

三輪山と大和神社。

手前の横長の杜が大和神社、向こう側左手に神奈備で知られる三輪山が見えます。

大和神社の最寄駅はJR長柄駅なんですが、駅の近くから大和神社方面を撮影してみました。大和を象徴する素敵な光景が広がります。

大和神社の案内板

鳥居横にあった大和神社の案内板。

大和神社は「おおやまと じんじゃ」と読みます。

読み方は「やまとじんじゃ」でいいのではないかと思ったのですが、その由来を辿ると、納得のいく理由が判明致します。

大和神社の参道

大和神社の参道。

街道から社殿まで続く、この長~い参道の長さが戦艦大和の長さと同じなんだそうです。

古代の日本は、お隣の中国から「倭」という名前で呼ばれていました。

そう、魏志倭人伝に見られる「倭」という呼称ですよね。三輪山の麓にある箸墓古墳の被葬者ではないかと伝わる卑弥呼にも「卑」という字が入っていますので、中国側から見れば蔑称になるんですが、「倭」も同じく蔑称なんです。

「倭」とは背の曲がった背丈の低い人のことを意味します。

そんな呼ばれ方をしたら面白くありませんよね(笑)

大和神社

そこで、日本側は「倭」ではなく「和」と表記することになりました。元々あった”山の都、山処(やまと)”を意味するヤマトという音を「和」に当てたわけです。

奈良時代になると、国や郡の地名を二字で表す二字政策が行われ、「和」を「大和」と表記するようになりました。

つまり、「大和」という漢字表記で「おおやまと」と読むのも歴史的推移から見れば納得がいきますよね。

山の辺の道から少し西へ外れた場所に鎮座する大和神社。

奈良観光の穴場スポットとしてご案内しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼

スポンサードリンク

楽天市場

Hotel information of Nara

About

2011年01月12日 12:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スルッとKANSAI」です。

次の投稿は「三輪山遠望」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Booking.com

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「Ryokan Taishoro(奈良旅行穴場スポット体験記)」は料理旅館大正楼が運営しております。

地元ならではの旬の穴場情報をお届け致します。

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 料理旅館大正楼

Copyright © 2010-2017
Ryokan Taishoro Ryokan Taishoro All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。