Ryokan Taishoro

奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼

Booking.com

奈良の宿大正楼(宿泊、宴会) 

アーカイブ

奈良旅行穴場スポット体験記のおすすめ記事

大神神社の結婚式 三輪大社の結婚披露宴

菊花大根 菊花人参 料理

記事一覧

全記事一覧

「奈良寺社参拝なび大正楼」
記事一覧

若草カレー本舗

はり新 かみつみち弁当

婚礼ギフト ハッピーチャーム

コーヒー大好き!
コーヒーホリックのブログ

おでかけランキング
関西地方のおでかけ情報

twitter facebook Instagram

Powered by
Movable Type 3.34

« 東大寺金剛力士像裏側の石造獅子像 | HOME | 獅子頭が花を添える大神神社儀式殿 »

八木の接待場跡

橿原市の八木の町並みにセンタイバと呼ばれる場所が残されています。

センタイバ? その不思議な言葉の響きに誘われて、JR畝傍駅と近鉄大和八木駅のほぼ中間地点にあるセンタイバを訪れてみました。

八木の接待場跡

通称センタイバと呼ばれる八木の接待場跡。

誰を接待した場所なのか?

センタイバは伊勢街道沿いに面しており、伊勢神宮にお参りする人々を接待した場所とされます。伊勢神宮参詣の御蔭参りの人々に、八木の町民たちが湯茶や食事を無料奉仕していた場所として今に伝えられます。

無料でサービスしていたとは、なかなかの太っ腹ですよね(笑) 伊勢神宮まで足を運ばなくても、おかげ参りの人々を接待することがそのままご利益につながっていたのでしょうか。 

八木の接待場跡

当時の接待場の絵が案内されています。

太神宮八木と書かれた幟が立てられていますね。つい最近まで、この場所には伊勢神宮参拝の道案内をする太神宮灯籠が残されていました。現在は大和八木駅前通りの交差点に移されていますが、明和8年(1771)に建立された灯籠と考えられ、最も古い灯籠の一つに数えられます。

絵の中の建物の背後に、太神宮灯籠の足元が垣間見えます。

八木の接待場跡

八木の接待場跡。

平成24年時点の現在も灯籠が建っていますが、この灯籠は太神宮灯籠ではありません。すぐ背後には民家が建っています。センタイバ前の伊勢街道を東へ進めば、下ツ道と交差する場所に八木札の辻交流館があります。センタイバ向って左側の道を南へ進めば、JR畝傍駅へと通じています。

江戸時代のおかげ参りの歴史を如実に物語る名所が、さりげなく八木の古い町並みに溶け込みます。

八木札の辻交流館

その昔、お札が立っていたであろう場所から八木札の辻交流館を撮影。このアングルからだと、電線が邪魔になりますね(笑)

この建物はお伊勢参りの道中に建つ旅籠として活躍していた時代がありました。

現在は八木札の辻界隈の歴史を案内する資料館に生まれ変わっていますが、当時の名残が感じられる素敵な建造物です。二階の欄間には伊勢名物の夫婦岩が彫られていて、ここが伊勢街道であることを感じさせます。

今井町を含めた八木の町並み散策の際には、接待場跡を訪れてみられることをおすすめ致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼

スポンサードリンク

楽天市場

Hotel information of Nara

About

2012年11月12日 09:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「東大寺金剛力士像裏側の石造獅子像」です。

次の投稿は「獅子頭が花を添える大神神社儀式殿」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Booking.com

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「Ryokan Taishoro(奈良旅行穴場スポット体験記)」は料理旅館大正楼が運営しております。

地元ならではの旬の穴場情報をお届け致します。

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 料理旅館大正楼

Copyright © 2010-2017
Ryokan Taishoro Ryokan Taishoro All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。